• No : 838
  • 公開日時 : 2022/01/11 17:25
  • 更新日時 : 2023/01/23 14:09
  • 印刷

【メロン】つるの整枝方法を教えてください。

回答

■つるの整枝方法
 
 1..親づるが本葉5~6枚に伸びたころに、本葉4~5枚目の上で摘芯します。
 2. 摘芯すると、その下のわき芽が伸びてきますので、丈夫なわき芽(子づる)を残して他は摘み取ります。残す子づるの数はコンテナ栽培では1~2本、地植え栽培では3本が目安です。
 3. 子づるから伸びてくるわき芽(孫づる)は、子づるの下の8節までは摘み取り、それ以降の孫づるを伸ばして、孫づるに咲く雌花に実をならせます。
 4. 子づる、孫づるはそのまま伸ばしますが、畝幅いっぱいに伸びたり、支柱の上まで届いたりしたら摘芯してもよいです。ただし、全てのつるを摘芯してしまうと生育が衰えますので、何本か伸ばし続けるつるを残しておきます。
 ※上記葉枚数は目安ですので、1~2枚ずれても問題はありません。